仲道郁代ピアニストとは?

 
1963年2月13日生まれ。日本のトップピアニストの一人。美人でテクニックを兼ね備えた凄腕ピアニスト。

 

 

華々しい経歴を見てみる!

 

仙台市生まれ、浜松市育ち。
 

浜松市立南部中学校在学中、父親の仕事の関係でアメリカ合衆国に渡り、ホロヴィッツの生演奏に接して大きな感銘を受ける。
 
 

帰国後、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学ピアノ科に進む。
 
 

高校3年時の1981年、第50回日本音楽コンクールピアノ部門第3位入賞
大学1年時の1982年、第51回同コンクールにてピアノ部門優勝、及び増沢賞受賞。

 

1985年に桐朋学園大学を中退。同年から1987年まで文化庁在外研修員としてミュンヘン音楽大学に留学し、クラウス・シルデに師事。この間、様々な国際コンクールで入賞・優勝あり。
 
 

彼女のピアノの魅力は?

 
 

● 時折、口ずさみながら弾く。
● 優しい音色を奏でる。
● 一音一音に無駄がない。
● 音に気品がある。

 
 

そして、独自の世界観がある!
 
 

ショパン演奏を聴いてみる?

 

仲道郁代オフィシャル・ホームページ : http://www.ikuyo-nakamichi.com