冷え性とは?

 
冷え性は、「手足や腰、下半身などがいつも冷たい症状」とされている。
一般に体温を測って36度未満の人を低体温と呼ぶ。
 
 

それに対して冷え性は、体温が何度以下という考えは明確にない
ある特定の部分だけが、他の部分に比べて冷たさを感じるのであれば冷え性である。
放置すると、むくみ、貧血、肩こり、肌荒れなどを引き起こす。
 
 

冷え性の原因は、あるあるネタである「生活習慣」であるとのこと。
不規則な生活を送っていると、どうやらなるらしい。
どの病気にも言える一般的なこと。
 
 

冬は特に手が冷えてしまう!

 
 

冬は特に、寒さにより血流が悪くなり、からだ全体に血液がスムーズに循環されなくなる
血行不良が原因で、手足の末端まで温められずに、冷たさを感じてしまう。
 

どんなに重ね着しても、木枯らしを受けた身体で、いきなり”さあ弾くぞ!”と思っても指がカチンコチンでとても動かせる状況ではない!
 

冬は楽器を弾く人の難敵。
そこで、著者が実践して一番良いと感じた方法を紹介!
 
 

温めるべきは「首」!

 
 

あるテレビ番組で知った効果的な方法♪
 

結論】 首を温めると血行が良くなり、身体全体が温まる!

 

どうやら、首には太い動脈が皮膚に近いところにあるため、気温の影響を受けやすいとのこと。
ここが冷えると、冷たい血液が体をめぐり、全身が冷えてしまう。
 

逆に言えば、首を温めると血行がよくなり、また温かい血液が流れるため、体が温まる!
実にシンプルな理屈♪
 
 

首を温めさえすれば、方法は何でもOK!外出時は、できるだけ、ハイネックやタートルネック・マフラーなど、首を覆う衣類を着る。部屋にいるときは、蒸しタオルやホッカイロを首にあてる。
あと、外出時は、耳を温めることをオススメ!
 
 


 
 

100均に行くと、女性に人気なオシャレな、ふわふわ触り心地の耳あてが多数取り揃えてある。
もちろん、男性用のシンプルな商品もある。100円だからといって侮るなかれ♪
 
 

要するに、首回りを温めると、全身が温まり、温まったフルーツ・オレが手首にも流れて、指先が温まる。
手袋の装着だけでなく、寒い時は特に、首を温めるよう心がけると冷え性が改善、軽減できる!